Hashicorp Waypoint とは何か?

HashiCorp Waypoint

2020年10月15日に、HashiCorpから新しいプロダクト「HashiCorp Waypoint」(ハシコープ・ウェイポイント)が発表された。このWayPoint 用のウェブサイト(https://www.waypointproject.io/)が公開され、概要が書かれていた。参考情報として、サイト上の記述をメモとして残す。

Waypoint キャッチフレーズ「Build. Deploy. Release.」

  • Waypoint は構築、展開、プラットフォームを横断してリリースするための最新の(モダンな)ワークフローを提供します。
  • Waypoint は1つの設定ファイルと共通のワークフローを使い、Kubernetes、Nomad、EC2、Google Cloud Run, などのプラットフォームを横断するデプロイメント(展開)を管理および監視します。

Waypoint における Build とは

  • Waypoint はあらゆる言語やフレームワークに対応するアプリケーションを構築します。Buildpacks の用途は、共通フレームワークの自動的な構築、カスタム Dockerfile 、より洗練された制御のなされた他の構築ツールのためです。
  • 構築ステップとは、あなたのアプリケーションとアセットをコンパイル、確認、そしてアーティファクト(成果物)を作成する場所です。
  • このアーティファクトはリモートレジストリに公開したり、シンプルにデプロイのステップに渡せます。

Deploy とは

  • 構築ステップで作成されたアーティファクトを、Waypoint は様々なプラットフォームにデプロイします。たとえば Kubernetes から EC2 の静的なサイトへのホストに対してです。
  • 対象のプラットフォームに向けた設定を行い、一般的にアクセスできる新しいアプリケーションのバージョンを準備します。リリースに先がけて、デプロイメントはプレビュー URL からアクセスできます。

Release とは

  • Waypoint は準備が調ったデプロイメントをリリースし、パブリックにアクセスできるようにします。この動作はロードバランサを更新したり、DNS の設定を変更したりします。正確な挙動は、対象となるプラットフォームに依存します。
  • リリースステップはプラガブル(取り替え可能)であり、ブルー・グリーン、サービスメッシュの利用など、カスタムのリリース方式を適用できます。

Waypoint の機能

  • Application Logs
    • 実行中のアプリケーションとデプロイメントが出力するログの表示
  • Live Exec
    • アプリケーション実行中の環境でコマンドを実行
  • Preview URLs
    • パブリックにアクセスできるプレビュー URL をデプロイメント単位で取得
  • Web UI
    • プロジェクトと Waypoint によってデプロイされたアプリケーションをウェブインターフェースで表示
  • CI/CD とバージョン制御統合
    • 既存の CI/CD プロバイダやバージョン管理プロバイダ、GitHub、CicleCI、Jenkins、GitLab 等と統合
  • 拡張性のあるプラグイン・インターフェース
    • プラットフォームや構築プロセス、リリースッステムごとに Waypoint によるカスタムサポートを簡単に拡張

参考文章

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です